ワッツ コンサルティングは経営コンサルティングと
マーケティングコンサルティングサービスの会社です。


企業を成功に導くのは、事業戦略、マーケティング戦略だと思います。
私たちは「戦略とは、企業がお客様の期待に応えるため、
自身の長所を活かし、変化に立ち向かう決意」だと考えています。
そんなお客様企業のため私たちは
明快な方法論と豊富な経験、
暖かいハートを持ってお手伝いいたします。

upper heavy line

今月の一言



『創造する経営者』(P.Fドラッカー 著、上田惇生 訳、ダイヤモンド社)



代表・高橋の一言

先月の3日は弊社の創立記念日でした。この23年の間たくさんの方々にお世話になりました。深く感謝し、また新たな気持ちで出発したいと思います。

当時を振り返れば、お得意様がいるわけでもなく、特定の商品やサービスを持っているわけでもないという状態からのスタートでしたから、不安がないわけなどありません。私たちは、如何にしたらお客様に成果をもたらす提案ができるか真剣に考え追求しました。

そして到達した結論の一つは、「私たちのお客様のお客様を徹底的に知る」こと。つまり、私たちに仕事を依頼する企業様にとっての「お客様」を知るということでした。商品やサービスは「お客様」にとっての効用や価値を生み出す手段。であれば、私たちがこだわるべきは「お客様の視点」であり、「お客様」はどのように商品やサービスを評価しているか、「お客様」が何を求めているかを知ることです。これが全てのプロジェクトの出発点だと考えました。この覚悟ができたとき、私たちが持っている様々な方法論が生きてくるに違いないと感じました。

お客様を知る手段については、対面でのインタビューにこだわりました。プロジェクトにふさわしいインタビュー設計を行い、1件1件アポを取り訪問して、プロジェクト当たり20件から50件に及ぶインタビューを来る日も来る日も実施したのです。データ収集後の分析も含めて、これらは私たちにとって最高のトレーニングになりました。

「今月の一言」は、創業記念日のゴールデンウィークに読み返した『創造する経営者』からの引用です。ドラッカー教授は「そもそも企業が『適切な事業を行なっているか』をいかに知るか、『わが社の事業は何か。何であるべきか』をいかに知るか。この問いに答えるには事業を外から見て分析することが必要となる」として、その有力な手段として、顧客を知る意味を紹介してくださっています。私はこれだけはっきりと言い切った言葉を他に知りません。私たちはここに力を得て更なる精進をして参りたいと思います。

down heavy line
chapter information
■ 2014年01月 新会社 IT介護マネジメント株式会社を立ち上げました。
■ 2012年11月 三陸漁業振興支援のページを立ち上げました。
■ 2011年08月 sigoto_design_labのアップをお知らせするメルマガの配信を開始しました。
■ 2011年06月 社長ブログsigoto_design_labを開始しました。
■ 2011年06月 サイトリニューアル
■ 2020年04月 事務所を東池袋に転居しました。

chapter consulting consulting image


chapter QR code

社長ブログへはこちらを
読み取ってアクセス

社長ブログ更新のお知らせ
メールの登録はこちら

社長ブログへアクセス 社超ブログ更新のお知らせメール登録